Blog

third kamikaze wikipedia

There will be more than enough volunteers for this chance to save our country, and I would like to command such an operation. The Japanese considered the goal of damaging or sinking large numbers of Allied ships to be a just reason for suicide attacks. They said that the commander of a kamikaze attack should engage in the task first. Provide me with 300 planes and I will turn the tide of war. By 1945, large numbers of anti-aircraft shells with radio frequency proximity fuzes, on average seven times more effective than regular shells, became available, and the U.S. Navy recommended their use against kamikaze attacks. "So eager were many minimally trained pilots to take part in suicide missions that when their sorties were delayed or aborted, the pilots became deeply despondent. This recommended combat air patrols (CAP) that were larger and operated further from the carriers than before, a line of picket destroyers and destroyer escorts at least 80 km (50 mi) from the main body of the fleet to provide earlier radar interception and improved coordination between fighter direction officers on carriers. Kamikaze (Japonca: 神風, Japonca telaffuz: [kami kaze], lit. For example, Mitsubishi Ki-67 Hiryū ("Peggy") medium bombers, based on Formosa, undertook kamikaze attacks on Allied forces off Okinawa, while a pair of Kawasaki Ki-45 Toryu ("Nick") heavy fighters caused enough damage for USS Dickerson (DD-157) to be scuttled. Officers such as Minoru Genda, Tadashi Minobe and Yoshio Shiga, refused to obey the policy. [26], Several suicide attacks, carried out during the invasion of Leyte by Japanese pilots from units other than the Special Attack Force, have been described as the first kamikaze attacks. The attacks expended 1,465 planes. Suicide-mission pilots looked over their shoulders to see the mountain, the southernmost on the Japanese mainland, said farewell to their country and saluted the mountain. Captain Motoharu Okamura commented that "there were so many volunteers for suicide missions that he referred to them as a swarm of bees", explaining: "Bees die after they have stung. Australian journalists Denis and Peggy Warner, in a 1982 book with Japanese naval historian Sadao Seno (The Sacred Warriors: Japan's Suicide Legions), arrived at a total of 57 ships sunk by kamikazes. There is no other way. The crashing action which simultaneously kills the enemy and oneself without fail is called the Special Attack ... Every Japanese is capable of becoming a member of the Special Attack Corps. It's all a lie that they left filled with braveness and joy, crying, "Long live the emperor!" The Japanese lost over 400 carrier-based planes and pilots in the Battle of the Philippine Sea, effectively putting an end to their carriers' potency. During 1945, the Japanese military began stockpiling hundreds of Tsurugi, Ohkas, other aircraft and suicide boats for use against Allied forces expected to invade Japan. Firsthand interviews with surviving kamikaze and escort pilots has revealed that they were motivated by a desire to protect their families from perceived atrocities and possible extinction at the hands of the Allies. [14] But in most cases, little evidence exists that such hits represented more than accidental collisions of the kind that sometimes happen in intense sea or air battles. We were automatons who obeyed without thinking. The names of the four sub-units within the Kamikaze Special Attack Force were Unit Shikishima, Unit Yamato, Unit Asahi and Unit Yamazakura. Ōnishi, addressing this unit, told them that their nobility of spirit would keep the homeland from ruin even in defeat. El grupo volvió en el año 2003 por un breve período, tras 11 años de separación, retornando una … Some were unable to stand up and were carried and pushed into the plane by maintenance soldiers. In the final moments before the crash, the pilot was to yell "hissatsu" (必殺) at the top of his lungs, which translates to "certain kill" or "sink without fail".[50]. Axell and Kase see these suicides as "individual, impromptu decisions by men who were mentally prepared to die". A pilot would dive towards his target and "aim for a point between the bridge tower and the smoke stacks". Le kamikaze ou kamikazé (神風, 神 = dieu 風 = vent?, officiellement : tokubetsu kōgeki-tai (特別攻撃隊?)) On 6 April 1945, waves of aircraft made hundreds of attacks in Operation Kikusui ("floating chrysanthemums"). [27] This aircraft was possibly either an Aichi D3A dive bomber, from an unidentified unit of the Imperial Japanese Navy Air Service,[27] or a Mitsubishi Ki-51 of the 6th Flying Brigade, Imperial Japanese Army Air Force. 戦闘〇〇〇飛行隊付 同 谷 暢夫 'ilahi, kutsal rüzgâr') veya resmî ismiyle Şinpū Tokubetsu Kōgekitai (神風特別攻撃隊), II. [15] Japanese planners had assumed a quick war and lacked comprehensive programmes to replace the losses of ships, pilots and sailors; and Midway; the Solomon Islands campaign (1942–1945) and the New Guinea campaign (1942–1945), notably the Battles of Eastern Solomons (August 1942); and Santa Cruz (October 1942), decimated the IJNAS veteran aircrews, and replacing their combat experience proved impossible.[16]. [56] They also composed and read a death poem, a tradition stemming from the samurai, who did so before committing seppuku. List of Imperial Japanese Army air-to-surface special attack units, List of Imperial Japanese Navy air-to-surface special attack units, "Father of the Kamikaze Liner Notes – AnimEigo", ww2pacific.com, 2004, "World War II in the Pacific: Japanese Suicide Attacks at Sea", "Motoori Norinaga: A scholar-physician who loved cherry blossoms", Richard L. Dunn, 2002–2005, "First Kamikaze? A final element included intensive fighter sweeps over Japanese airfields, and bombing of Japanese runways, using delayed-action bombs to make repairs more difficult.[31]. Kamikaze (タイ語: กาม กาเซ ) は、タイのレコードレーベルで2007年にRSエンターテイメントによって造られた。メンバーは10代から20代前半が中心。カミカゼが 'カミカゼ'というタイトルのファーストアルバムをリリースしてから大きな成功と人気を In 1890, the Imperial Rescript on Education was passed, under which students were required to ritually recite its oath to offer themselves "courageously to the state" as well as protect the Imperial family. Later, Tamai asked Lieutenant Yukio Seki to command the special attack force. He also wrote: "I was hit so hard that I could no longer see and fell on the floor. On 11 March, the U.S. carrier USS Randolph was hit and moderately damaged at Ulithi Atoll, in the Caroline Islands, by a kamikaze that had flown almost 4,000 km (2,500 mi) from Japan, in a mission called Operation Tan No. Asked about the soul of Japan, [citation needed], On 17 October 1944, Allied forces assaulted Suluan Island, beginning the Battle of Leyte Gulf. that plagued the country, and the band broke up after the third CD. Lapat Ngamchaweng (tiếng Thái: ลภัส งามเชวง); nghệ danh: Third (เติร์ด), là một ca sĩ, diễn viên, người mẫu và đại sứ thương hiệu người Thái Lan. Unter dem Mongolenherrscher Kublai Khan, einem Enkel von Dschingis Khan, unternahm eine mongolisch-koreanische Streitmacht[2] im Jahr 1274 den Versuch, das japanische Kaiserreich zu erobern, nachdem Japan es zuvor abgelehnt hatte, sich den Mongolen zu unterwerfen. Kamikaze ou, em português, camicase (do japonês: 神風, kami significando " deus " e kaze, " vento ", comumente traduzido como "vento divino") eram os pilotos de aviões japoneses carregados de explosivos cuja missão era realizar ataques suicidas contra navios dos Aliados nos momentos finais da campanha do Pacífico na Segunda Guerra Mundial. "[44] Okamura is credited with being the first to propose the kamikaze attacks. [citation needed], According to some sources, on 14 October 1944, USS Reno was hit by a deliberately crashed Japanese plane. Axell and Kase pointed out: "The fact is that innumerable soldiers, sailors and pilots were determined to die, to become eirei, that is 'guardian spirits' of the country. were stigmatized in the years following the war. Kamikaze aircraft were essentially pilot-guided explosive missiles, purpose-built or converted from conventional aircraft. After the fall of Saipan, the Japanese High Command predicted that the Allies would try to capture the Philippines, strategically important to Tokyo because of the islands' location between the oilfields of Southeast Asia and Japan. Yasukuni is the only shrine deifying common men which the Emperor would visit to pay his respects. Tokkōtai pilot training, as described by Takeo Kasuga,[51] generally "consisted of incredibly strenuous training, coupled with cruel and torturous corporal punishment as a daily routine". [52], Irokawa Daikichi, Kamikaze Diaries: Reflections of Japanese Student Soldiers, Pilots were given a manual that detailed how they were supposed to think, prepare and attack. Inoguchi, Rikihei, The Divine Wind, Maryland: Naval Institute Press, 1958, page 139. Vice Admiral Matome Ugaki, the commander of the IJN 5th Air Fleet based in Kyushu, participated in one of the final kamikaze attacks on American ships on 15 August 1945, hours after Japan's announced surrender.[41]. [38][39], The resilience of well-armoured vessels was shown on 4 May, just after 11:30, when there was a wave of suicide attacks against the British Pacific Fleet. The sinking of the ocean tug USS Sonoma on 24 October is listed in some sources as the first ship lost to a kamikaze strike, but the attack occurred before the first mission of the Special Attack Force (on 25 October) and the aircraft used, a Mitsubishi G4M, was not flown by the original four Special Attack Squadrons. The important Japanese base of Saipan fell to the Allied forces on 15 July 1944. The kamikaze were escorted by other pilots whose function was to protect them en route to their destination and report on the results. (colloquial)One who takes excessive risks, as for example in a sporting event. [27] The Australian official history of the war claimed that this was the first kamikaze attack on an Allied ship. It was founded in 2007, and was originally managed by RS producer Sudhipong Vatanajang. Everybody was looking down and tottering. The exact number of ships sunk is a matter of debate. It is not clear that this was a planned suicide attack, and official Japanese accounts of Arima's attack bore little resemblance to the actual events. Seki became the 24th kamikaze pilot to be chosen. When a kamikaze hits a Limey carrier it's just a case of 'Sweepers, man your brooms'.". [12] One example of this may have occurred on 7 December 1941 during the attack on Pearl Harbor. This plan also called for around-the-clock fighter patrols over Allied fleets, though the U.S. Navy had cut back training of fighter pilots so there were not enough Navy pilots available to counter the kamikaze threat. Kamikaze (神風 kamikaze; secara harafiah berarti "angin dewa") adalah sebuah istilah bahasa Jepang yang berasal dari nama angin topan dalam legenda yang disebut-sebut telah menyelamatkan Jepang dari invasi Mongol pada tahun 1281. 各隊の名称を敷島隊、大和隊、朝日隊、山桜隊とす。, 昨日、搭乗した零戦の不時着で大西と会えなかった中島は、20日の夜明けを待って車でマバラカットに到着したが、司令部で特攻発動の命令と関が全特攻隊員の指揮官に任じられた事を知り、さらにセブ島にて特攻隊を編制するよう指示を受けた[58]。そこで中島は、すでに特攻に志願し、さきほど大西の訓示を受けたばかりの大和隊4名を引き連れて、合計8機の零戦に分乗してマバラカットを発ってセブ島に向かった。飛行場に着陸した中島は搭乗員と整備士全員の集合を命じて、必中必殺の体当り部隊「神風特別攻撃隊」が編成され、敷島隊・大和隊・朝日隊・山桜隊と命名され、自分が引き連れてきた4名はその志願者であることを説明し、「私はセブ基地における特攻隊の編成を命じられて来た。志願する搭乗員は等級氏名を書き封筒に入れて密封し先任搭乗員を通じて私の所に届けよ」「家庭の事情によって志願出来ない者もいることと思う。飛行機の数は少ないので、志願できないものは正直に白紙を入れよ。私は誰にもこの内容を公表しない」などと特攻への志願者を募った[85]。, その後、中島はセブ基地の司令部に入ったが、2階の作戦室兼寝室に入るや、階段を上ってくる足音が聞こえて、作戦室の扉をノック後に海軍予備学生の久納好孚中尉が入ってきた。久納は中島の顔を見るなり「私が特攻隊から除外されることはないでしょうね?」と中島に尋ねた。中島は久納の物静かであるが心中に烈々たるものを秘めているという性格を知り尽くしており、必ず志願すると思っていたため「君の乗る特攻機は、ちゃんとマバラカットから持ってきてるよ」と答えると、久納はにっこりと笑って敬礼し、作戦室を退出していった[86]。久納は法政大学在学時からピアノの演奏に秀でており、志願ののち、中島と久納は夕食をともにしたが、その際に久納はピアノを演奏している。久納の演奏を聴いていた他の士官たちは溢れる涙をおさえることができなかったという[87]。久納は大学生出身の予備士官で兵学校出身者よりは気さくに下士官や兵士と付き合い、また操縦技術にも優れていたため人望も厚く、久納の志願は下士官以下の特攻隊員の志願を後押しした[88]。, その後も、中島の元には志願者が次々と訪れた。まずは偵察機隊から特務士官の国原千里少尉が来ると不満そうに「飛行長は、下士官兵に対しては神風特攻の志願を聞かれた。それなのに准士官以上にはなんの話もされない。我々はどうしてくれるのですか」と詰め寄ってきたので、中島は微笑みながら「准士官以上はどうするのかな?」と尋ねると、国原は「ひとり残らず熱望です」と答えたので、中島は「それだから何も聞かないのではないか」と国原の志願を了承すると、国原は「ありがとうございます」と喜んで出て行ったという[89]。しかし、兵学校出身者や予備士官と異なり、兵卒からたたき上げの准士官は同じ士官と言えども年齢が高く、30歳を超えるであろう後ろ姿を見た中島は「妻子がいるのであろうが、残る家族のことをどう考えているのか」と痛ましく感じた[90]。, もっとも逡巡したのが久納と同じ海軍予備学生の植村真久少尉で、植村は立教大学でサッカー部の主将であったが、学徒動員で海軍予備学生となり、戦闘機搭乗員となっていた。植村は20日の深夜に中島の元を訪れたが、何も言い出せないまま一旦は帰ってしまった。翌晩も中島の作戦室に上がってきて、中島になんともないことを話しかけるとそのまま作戦室を後にした。さらに、3日連続となる翌晩の深夜にも中島の元を訪れたので、中島は植村の心中を察して「君は再三やってくるが、特攻を志願にきたのではないか」と切り出すと、植村はすまなそうに「じつはそうなのです」「飛行長の顔を見ると、どうしてもそれが言い出せないのです。ご存じのように、私は他の者よりも操縦技術がまずいものですから」「私は先日も、訓練で大切な飛行機をこわしました」「私は自分が技倆がまずいのをよく知っているのですが、こればっかりはどうしても諦めきれないのです」と話したので、中島は感動のあまり声を失ったが、ようやく立ち上がって植村の肩を叩くと、「心配するな、お前ぐらいの技倆があれば、特攻隊員には十分だ。俺がきっとよい機会をみつけてやる、心配せずに寝ろ」と語りかけた。植村の表情はようやく明るくなって「よろしくお願いします」と部屋を出て行ったが[91]、植村は既に結婚し長女素子も誕生しており、志願後に素子に向けた遺書を書いている。素子は戦後に父親と同じ立教大学に進学し、在学中に靖国神社の拝殿で亡父に向けて日本舞踊を奉納している[92]。, 中島の手元には20数通の志願書が先任搭乗員から届けられたが、白紙の志願書は2通のみで、他は全員熱望であった。白紙の2名もいずれも病気で航空機の操縦ができない搭乗員のものであったという[93]。, 10月20日の15時頃に、敵艦隊をサマール島東方海面に発見したという報告が司令部に寄せられた。午前中に特攻隊員に訓示していた大西はまだマバラカットにおり、猪口は敵の位置を書き込んである海図を持って、バンバン川の河原で関ら特攻隊員と雑談を交わしていた大西に「特別攻撃隊には距離いっぱいのところですが、攻撃をかけましょうか?」と判断をあおいだところ、大西は、「この体当り攻撃は絶対のものだから、到達の勝算のない場合、おれは決して出さない」と答えている。猪口はこの大西の攻撃自重の判断を聞いて、大西が初回の特攻にどれだけ慎重であるか思い知らされたが、これ以降新しい情報もなかったため、大西は一旦マニラに帰還することとした[94]。帰り間際、大西は副官の門司の水筒に目を付けると「副官、水が入っているか」と尋ねたので、門司が水筒を大西に渡すと、大西はまず水筒の蓋で自ら水を飲み、次いで猪口と玉井にも水を飲ませて、その後水筒ごと玉井に手渡し、あとは玉井が並んでいる関大尉以下7名の特攻隊員に水をついでいった[95]。このときの様子をカメラマンの稲垣が撮影しており、のちに内地で、8月21日の関率いる敷島隊の出撃前の様子として日本ニュースで報道されたが、実際にはその前日の出来事で、敷島隊と大和隊両隊の隊員が入っており、敷島隊のなかでも永峯肇と大黒繁男の2名が入っておらず、待機姿勢であるので服装もバラバラで、飛行服を着ているのは関と山下憲行の2名のみ、残りの5名は防暑服を着用している[96]。稲垣は玉井から事前に「重大なことがあるから一緒に来るように」と呼び出されており、撮影に準備をしていたのでこのシーンを撮影できたものであるが、大西は特攻隊員への訓示でも述べた通り、神風特別攻撃隊の国民への周知について強い拘りを持っており、この「訣別の水盃」のシーンも敢て大西が意図して撮影させたという意見もある[96]。, この夜に、報道班員の同盟通信記者小野田政は、入院していた201空司令の山本の許可をとって、関を取材すべくマバラカットの基地に向かった。関と小野田はバンバン川の河原の砂利石の上に腰を下ろしたが、関は二人きりになったところを見計らって「報道班員、日本はもうおしまいだよ。ぼくのような優秀なパイロットを殺すなんて。ぼくなら体当りせずとも敵母艦の飛行甲板に50番(500kg爆弾)を命中させる自信がある」、艦上爆撃機出身者らしい関の自信にあふれた言葉ではあったが、関には一度も急降下爆撃の実戦は経験していなかった[97]。関はさらに「ぼくは天皇陛下とか日本帝国のためとかで行くんじゃない。最愛のKA(海軍用語で妻のこと)のために行くんだ。命令とあればやむを得ない。ぼくは彼女を護るために死ぬんだ。最愛の者のために死ぬ。どうだ素晴らしいだろう」と冗談めいた口調で言い切った。201空に着任以来、艦爆出身のよそ者で本心を打ち明ける同僚もなく、隊では孤立ぎみであった関は、同じくよそ者の記者の小野田に一気に心の鬱積を解き放ったかのようであった。さらに関は小野田を前にして、胸ポケットに大事にしまっていた新妻満里子の写真を見せびらかすと、その美しさを褒め、茶目っ気たっぷりに写真にキスしてみせるなど戯けて見せた。最後に関は一緒に出撃する他の特攻隊員らのことを慮って「ぼくは短い人生だったが、とにかく幸福だった。しかし若い搭乗員はエスプレイ(芸者遊び)もしなければ、女も知らないで死んでいく・・・」と話している[98]。, 神風特別攻撃隊の初出撃は10月21日となった。陸軍の一〇〇式司令部偵察機が敵機動部隊発見を知らせてきたため、この日、マバラカットからは敷島隊4機と朝日隊3機と護衛戦闘機隊が出撃することとなった。玉井は昨日大西が残していった副官門司の水筒を取り出すと、昨日と同様に一人一人に別れの水を注ぎ、自ら音頭をとって「海ゆかば」を合唱した。玉井は関らに「攻撃目標の第一は空母、まず大型、中型、小型の順に狙え。ついで戦艦、巡洋艦、駆逐艦の順だ」「突入高度は3,000m、低空で進入し、事前に高度をとり、切り返してつっこめ」と徹底した[99]。関は熱帯性の下痢を患って、治療中で絶食しており無精ひげも伸び放題であったが、この日は朝から「今日、ぶつかりにゆくんですよ、顔くらいきれいにして行きたいと思ってね」と軍医の副島泰然大尉に髭剃りを依頼し、さっぱりしていた。初めて特攻のことを聞いた副島は、絶食中の関に少しでも力がつくようにと、虎屋の丸筒羊羹を差し入れている[100]。やがて玉井から出撃が下命されると、関は玉井の前に立ち「只今より出発します」と決然と挨拶し、紙に包んだ関以下特攻隊員全員の遺髪を「副長、お願いします」と言って手渡した[101]。午前8時に関率いる敷島隊と朝日隊は、司令部や整備員たちの「帽振れ」に送られて離陸したが[102]、このときの光景を昨日大西と関らの「決別の水杯」のシーンを撮影した稲垣が撮影しており、後日、8月20日の撮影分と合成して一連の出撃シーンとして日本ニュースで放映された[96]。関らは悪天候で敵艦隊を発見することができず全機帰還したが、関は報告の際に玉井の前でうなだれるばかりであった。卑怯者と思われたくないとする関の気持ちの表れであったが、玉井はこれをねぎらって宿舎に帰している[102]。, セブ島にも「敵機動部隊発見」の報告があり、中島は即、大和隊に出撃を命令、整備員からは今までの経験則から40分で出撃準備が完了するとの報告があった。中島はその報告を聞くと出撃する特攻隊員らと航空図を見ながら打ち合わせを行っていたが、この日は整備士が迅速な作業をしたので、わずか10分で出撃準備が完了してしまった。中島は滑走路に爆装した零戦が整列している状況は危険と慌てたが、打ち合わせや注意事項の言い渡しが終わっていなかったので、端折ってこれを完了させ、いざ出撃と特攻隊員が機体に乗り込もうとした矢先、アメリカ軍の艦載機が来襲してきた[103]。201空は先日も「ダバオ誤報事件」のさいに同じセブ島で地上で多数の零戦を撃破されるという失態を演じていたが[42]、約1ヶ月後も同様の失敗をして、地上に並べていた6機の零戦が撃破された。幸いにも搭載していた爆弾が誘爆することはなく、特攻隊員に死傷者が出なかったので、中島はただちに予備機による出撃を命じ、2機の爆装零戦と1機の護衛が準備された。爆装零戦に搭乗するのは久納と大坪一男一飛曹と決まった。久納は中島に「私は戦果を新聞やラジオで発表してもらうのが目当てで突入するのではありません。日本軍人として、天皇の為、国家の為、この身体がお役に立てば本望であります」「いまは飛行機が足らないときです。わざわざ直援機をつけるのはもったいない話です。どうか特攻機だけでやらせて下さい」と直談判した[104]。中島が護衛戦闘機は新聞やラジオが目的ではなく、作戦資料として実態を把握したいだけと説くと、次に久納は機体が軽くなって航続距離が伸びるからと機銃を外して欲しいと申し出し、それに中島が突入するまでは敵戦闘機に発見されたら空戦で切り抜けねばならないから機銃は外せないと説くなど、出撃直前まで押し問答をしている。出撃の時間となると久納は諦めて「敵の空母が見つからぬときは、私はレイテ湾に突入します。レイテに行けば獲物に困ることはないでしょう」と言い残し、16時25分に2機編隊で1機の護衛機を連れて出撃した[105]。, 途中で攻撃隊は天候に阻まれて、特攻の大坪機と護衛機はセブ島に帰還したが、隊長の久納は帰還せず行方不明となった。突入との打電もなかったが、出撃前に中島にレイテに向かうと誓っていたので、そのままレイテ湾に向かったと見なし、中島は「本人の特攻に対する熱意と性情より判断し、不良なる天候を冒し克く敵を求め体当り攻撃を決行せるものと推定」と報告した[106]。この久納の未帰還をもって「特攻第1号」は関ではなく、久納好孚を未確認ながら第一号とする主張も戦後現れた。第一航空艦隊航空参謀・吉岡忠一中佐によれば「久納の出撃は天候が悪く到達できず、山か海に落ちたと想像するしかなかった」「編成の際に指揮官として関を指名した時から関が1号で、順番がどうであれそれに変わりはないと見るべき」という[107]。軍令部部員・奥宮正武によれば、久納未帰還の発表が遅れたのは、生きていた場合のことを考えた連合艦隊航空参謀・淵田美津雄大佐の慎重な処置ではないかという[108]。また、久納が予備学生であったことから予備学生軽視、海兵学校重視の処置とではないかとする意見に対し「当時は目標が空母で、帰還機もあり、空母も見ていない、米側も被害がないので1号とは言えなかった。10月27日に目標が拡大したことで長官が加えた」と話している[109]。この日の連合軍の損害はオーストラリア海軍の重巡洋艦「オーストラリア」が特攻により損傷し、「オーストラリア」はこの特攻でエミール・デシャニュー(英語版)艦長とジョン・レイメント副官を含む30名が戦死するなど大きな損害を受けたが、これを久納の戦果という意見もある。しかし、「オーストラリア」が特攻を受けたのは早朝6:05とされており、久納の出撃時間より10時間も前で時間が前後する上[110][111]、「オーストラリア」に突入したのは、陸軍航空隊第4航空軍隷下の第6飛行団の、特攻隊ではない通常攻撃隊の「九九式襲撃機」が被弾後に体当たりをして挙げた戦果とされている[112]。なお陸軍初の特攻隊となる「万朶隊」と「富嶽隊」はこの時点では未だ内地にいて、フィリピンへ進出準備中であった[113]。, 10月22日には第二航空艦隊司令長官・福留繁中将が200機の戦力を擁して台湾からフィリピンに進出してきた。大西は当初、中島が「特別攻撃隊は、わずかこの四隊でいいのですか?」と訊ねると、「飛行機が少ないからなぁ、やむをえん」と答えるなど、特攻はこの4隊のみと考えていたが、連合艦隊の総力を結集した艦隊がレイテに接近しているなかで、連日の出撃でなかなか敵と接触できず、編成当初の目的であった「空母を一週間くらい使用不能」が果たせない中、大西も焦っており[114]、二航艦の戦力に自分の望みを託そうと考えて、二航艦でも特攻を採用するように福留を説得したが、福留はこれを断った[115]。福留の回想によれば、二航艦はマニラの一航艦司令部に同居することになったので、寝室も大西と福留は同室となり、大西は寝室においても、海軍兵学校の同期生でもあった福留に「戦局を挽回する望みのあるものは、航空部隊の特攻において他にはない」と熱っぽく説いたが、福留は「第二航空艦隊は編隊攻撃以外訓練していない」と理由でこれを拒絶したとしている。福留が明確ではない理由で特攻開始を断ったのは、「山本長官が生きていたら飛行機の特攻を許したであろうか」という思いからであり、特攻のような「万死」の手段に頼らずとも正攻法でアメリカ軍機動部隊に立ち向えると考えていた。しかし、その福留の自信はのちに打ち砕かれることとなる[116]。, 10月23日、朝日隊、山桜隊はマバラカットからダバオに移動した。同日には、セブ島の大和隊が爆装の零戦2機を出撃させて、そのうち佐藤馨上飛曹が未帰還となり、敵艦に突入したものと考えられたが戦果は不明であった[106]。唯一マバラカットに残った敷島隊は23日・24日にも出撃したが悪天候に阻まれて帰投を余儀なくされた。関は帰投のたびに玉井に謝罪し、軍医の副島の回想では、満足に睡眠をとれない状況だったという。関の悲痛な気持ちは大西や山本らの上官もよく理解しており、引き続き「江田島出身者の体当りとして全軍に範を垂れさせたい」という大西の気持ちに変わりはなかった。久納の突入認定の報が入ったときには関は焦りを感じていたが、死にはやって海中に突入して自爆するようなことはしなかった[100]。毎日新聞の報道班員新名丈夫によれば、出撃しても敵を発見できず帰投を繰り返していた関は、ある日、飛行場指揮所のかげに腰を下ろして青い顔で頭を抱えながら「ああ、戦争というのは難しいなあ」と呟いていたという。新名は関が故郷に残してきた新妻や母を案じているに違いないと考えて涙したが、のちになって、このときの関は出撃を決意したときから残された家族のことは国に任せて、自分はいかにして小兵力で大敵を屠るか苦心惨憺していたに違いないと思い直している[117]。, 10月24日に4回目の出撃も失敗に終わった関は司令部に「索敵機の無電を聞いてから出かけても、現地に到着するまでには敵も移動しますし、最悪の場合は雲の中に入ってしまいます。そこで、フィリピン東方海面に進撃したら、索敵しながら南下し、発見次第突入することにしたいと思います」と申し出し了承された。10月25日、午前7時25分、関率いる5機の敷島隊はマバラカット基地から出撃した[118]。離陸する関は体調不良で衰弱してはいたが、この日はひとしお異様な厳しさが見えると見送った玉井や指宿は感じていたという。関が出撃した時点で、今まで敵艦載機の空襲で苦闘してきた第一遊撃部隊第一部隊(指揮官栗田健男第二艦隊司令長官、戦艦「大和」座乗、いわゆる「栗田艦隊」)が敵空母群を発見し、「敵空母に対し砲戦開始」という無電を打電しており[119]、それを知っていた一航艦司令部の幕僚たちは、この日こそ関は敵を発見して突入すると感じていた[120]。また、この25日には、関ら敷島隊の出撃より前の午前6時30分にダバオ基地から菊水隊、朝日隊、山桜隊の4機の零戦も出撃している[121]。, 10月25日6時58分、レイテ突入を目指していた「栗田艦隊」が、サマール島沖で上陸部隊支援を行っていたクリフトン・スプレイグ少将指揮の第77任務部隊第4群第3集団の護衛空母群(タフィ3)を発見して攻撃を開始した。離れた海域にいた第77任務部隊第4群第1集団(タフィ1)はタフィ3を援護するため航空機の発進準備を行っていたが[122]、7時40分に菊水隊、朝日隊、山桜隊の4機の零戦がタフィ1上空に到達した。このときにはタフィ1各艦のレーダーには多数の友軍機影が映っていたため、この4機が日本軍機と気づくものはおらず、気づいたときにはそのうちの1機が高度2,500mから40度の角度で護衛空母「サンティ」に向かって急降下していた[123]。急降下してきた零戦は舷側から5m内側の飛行甲板に命中して貫通し、飛行甲板下で搭載爆弾が爆発して、42m2の大穴を飛行甲板に開けて、16名の戦死者と47名の負傷者を生じさせたが、幸運にも火災が航空燃料や弾薬に引火することはなかったので致命的な損傷には至らなかった[124]。, 続く2機は、護衛空母「サンガモン」と「ペトロフ・ベイ」に向かってそれぞれ急降下したが、いずれも対空砲火を浴びて両艦の至近海面に墜落した[125]。残る1機は護衛空母「スワニー」に急降下。「スワニー」は対空砲火で応戦、零戦は火を噴いたものの、そのまま後部エレベーター付近の飛行甲板に命中、機体と爆弾は貫通して艦内で爆発して、71名の戦死者と82名の負傷者という大きな損害を発生させた[126]。特攻機が命中した「サンティ」と「スワニー」の損害は大きかったが、いずれもサンガモン級航空母艦であり、排水量基準:11,400t 満載:23,235tと大型で、護衛空母のなかでも非常に強固に建造されていたため、この後も任務を続行した[122]。しかし、10月26日に「スワニー」はもう1機特攻機が命中して、損傷を被って戦線離脱している[127]。「スワニー」が攻撃を受けたのは正午すぎとされているが、この時刻から見て、攻撃したのは同日午前10時15分に出撃した植村率いる大和隊と見なされている。大和隊の3機のうち1機が急降下し、飛行甲板上にあった艦上攻撃機に激突、この艦攻もろとも大爆発、甲板上に並んでいた9機の艦載機も次々と誘爆し、アメリカ軍が報告書に「艦設計の際に考慮されていなかった程の甚大な損傷」と記したほどの損傷と死傷者113名を被らせている。この殊勲機が隊長の植村であったかは不明である[128]。, この戦果はのちの関率いる敷島隊より先に挙げた戦果であったが、戦果報告は、菊水隊の護衛戦闘機が帰還した午前9時45分になされ、その戦果報告の確認のやりとりに時間を要して連合艦隊への報告が遅延し、結果的に3時間もあとの敷島隊の戦果が「神風特別攻撃隊」の初戦果扱いとなってしまった[129]。, 栗田艦隊との海戦(サマール沖海戦)で護衛空母「ガンビア・ベイ」と2隻の駆逐艦、1隻の護衛駆逐艦を失い、護衛空母「ファンショー・ベイ」や「カリニン・ベイ」など損傷艦多数を抱えることとなったタフィ3は、栗田艦隊の突然の変針により、戦闘配置命令を解除していた。命中弾を1発も受けなかった「セント・ロー」の乗組員たちは、沈没した「ガンビア・ベイ」の艦載機の収容準備などをしながら、自分たちの幸運について語り合っていた[130] 10時49分、関が率いる敷島隊5機が急降下してきた。このときもタフィ1が菊水隊の突入を受けたときと同様に、各艦のレーダーには多数の機影が映っており、日本機の接近に気づくものはいなかった[125]。敷島隊の先頭の1機が、戦艦の巨砲の命中でいくつもの傷口が開いていた「カリニン・ベイ」めがけて突入し、飛行甲板に数個の穴をあけて火災多数を生じさせたが、搭載していた爆弾は不発であった。この最初に「カリニン・ベイ」に突入した機が関の搭乗機であったという説もある[131]。「カリニン・ベイ」にはもう1機が海面突入寸前に至近で爆発して損害を与え、2機の突入により5名の戦死者と55名の負傷者が生じさせたが、「カリニン・ベイ」は栗田艦隊との海戦で15発以上の命中弾を浴びていたにも関わらず、沈没は免れた[132]。, 護衛空母「ホワイト・プレインズ」に向かって急降下していた零戦1機がホワイト・プレインズの対空砲火が命中し損傷したため、目標を「セント・ロー」に変更し[122]、「セント・ロー」の艦尾1,000mから高度30mの低空飛行という着艦するような姿勢で接近してきた。「セント・ロー」は搭載していたMk.IV20mm機関砲とボフォース 40mm機関砲で応戦したが、零戦はそのまま、発見1分後に[133]、飛行甲板中央に命中した。零戦が命中した瞬間に航空燃料が爆発して、猛烈な火炎が飛行甲板を覆い、搭載していた250kg爆弾は飛行甲板を貫通して格納庫で爆発した。その爆発で格納庫内の高オクタン価の航空燃料が誘爆し、その後も爆弾や弾薬が次々と誘爆した[134]。あまりの爆発の激しさに、付近を航行していた重巡洋艦「ミネアポリス」の乗組員が海中に吹き飛ばされたほどであった。手が付けられないと判断したフランシス・J・マッケンナ艦長は特攻機が命中したわずか2~3分後の10時56分に総員退艦を命じ、その後も何度も大爆発を繰り返して30分後に沈没した。114名が戦死もしくは行方不明になり、救助された784名の半数が負傷したり火傷を負っていたが、そのうち30名が後日死亡した[135]。この「セント・ロー」を仕留めた零戦が関の搭乗機だという説が広く認知されている[136]。他にも護衛空母「キトカン・ベイ」に1機命中したが、爆弾が艦を貫通して海上で爆発したため大きな被害は与えることができなかった。また、「ホワイト・プレインズ」直上で特攻機が爆発して同艦に火災を生じさせた[131]。, 敷島隊の戦果が司令部に届いたのは、スリガオ海峡で西村祥治中将率いる第一遊撃部隊第三部隊(通称:西村艦隊)が殆ど壊滅したという悲報が届いて沈痛な空気が流れ、栗田艦隊が敵空母艦隊と砲戦を開始したという一報が届いた後、その後の報告が届かずにやきもきしている状況のときであった。司令部に届いた電文は、敷島隊の護衛機がセブ島に帰還し、その搭乗員の報告によって中島が打電したもので、次の通りであった。「神風特別攻撃隊敷島隊1045スルアン島の北東30浬にて空母4隻を基幹とする敵機動部隊に対し奇襲に成功、空母1に2機命中撃沈確実、空母1に1機命中大火災、巡洋艦1に1機命中撃沈」[119] 大西はこの報告を聞くと、低く小さい声で何事かしゃべったが、副官の門司が聞き取れたのは「甲斐があった」の語尾だけであった。大西が特攻を決意し、その編成から出撃に至るまで一連の流れを見てきた門司は、大西の心中を察し、また、先日会ったばかりの関以下特攻隊員らの身を捨てた行為に感動して、「あの連中が、あの連中が」というような言葉にならない言葉が頭を駆け巡ったという[137]。大西は、わずか5機の体当りで、これだけの戦果を挙げたという特攻の大きな効果を認識し、「これで何とかなる」という意味のことを言ったが、これは、1機で1艦を葬ることができれば、行き詰まった日本の窮地に一脈の活路が開かれるかも知れないという思いから発された言葉であり、その場にいた司令部の幕僚らも同じ思いであった[138]。, この日、護衛空母艦隊は戦死1,500名、負傷1,200名と艦載機128機を喪失するという大損害を被り、さらに、母艦を失うか大破して着艦できなくなった67機の艦載機が、占領したばかりで整備不良のレイテ島タクロバン飛行場に緊急着陸を余儀なくされたが、そのうち20数機がぬかるみに脚をとられて失われた[132]。しかし、このときに既に栗田艦隊は反転しており、特攻戦果は作戦成功にはつながらなかった。この日には奇しくも、最初期から航空特攻を提唱していた城が、空母千代田でいわゆる「囮艦隊」としての任務を完遂後、アメリカ軍艦載機の攻撃で航行不能となり、艦隊から落伍したところを、重巡洋艦ウィチタ、ニューオーリンズ、軽巡洋艦サンタフェ、モービルの4隻を主力とするアメリカ軍艦隊の集中攻撃を受けて、千代田と運命を共にしていた[139]。, 10月26日、及川古志郎軍令部総長は、神風特攻隊が護衛空母を含む5隻に損傷を与えた戦果を奏上した。昭和天皇(大元帥)はこの生還を期さない特攻作戦については知らされておらず、同月28日には説明資料も作成された[140]。及川軍令部総長は、「そのようにまでせねばならなかったか。しかしよくやった。」と嘉賞の言葉を受けた。その言葉は軍令部から全軍に向けて発信され、セブ島にいた中島は、特攻隊員らの前で電文を読み上げ督励した。また、昭和天皇は、10月30日に米内海軍大臣に、「かくまでせねばならぬとは、まことに遺憾である。神風特別攻撃隊はよくやった。隊員諸氏には哀惜の情にたえぬ。」と述べた[141]。, 一方で、1度は大西の特攻開始の申し出を拒否した二航艦長官の福留であったが、10月23日と24日の正攻法は失敗に終わり多大な損害を被っていたので、25日に神風特別攻撃隊の大戦果が報じられると、今度は福留も大西の説得に応じ、現地で第一航空艦隊・第二航空艦隊を統合した「第一聯合基地航空部隊」を編成することとなって、指揮官に福留、幕僚長に大西が就いた[142]。これ以降、幕僚長という肩書きの大西によって特攻は拡大していく[143]。, 大西は、第一聯合基地航空部隊の飛行隊長以上40名ほどを召集し、「神風特攻隊が体当たりを決行し、大きな戦果を挙げた。自分は、日本が勝つ道はこれ以外にないと信ずるので今後も特攻を続ける。このことに批評は許さない。反対するものは、たたき斬る」と強い言葉で語った。大西の強い言葉を聞いて、一同はシンとして一言を発する者すらいなかった。大西の副官であった門司親徳少佐は、今まで特攻を拒否してきた二航艦の士官に特攻の決意を固めさせるため、敢て大西が強い言葉を使っていると理解したが、なかには、歴戦の戦闘機指揮官の第203海軍航空隊の飛行長岡嶋清熊少佐のように、見るからに反駁している顔つきの者もいて、門司は不安を抱いている[144]。また、大西は「特攻隊員への招宴などの特別待遇の禁止」「特攻隊以外の体当たり攻撃禁止」など特攻隊員の心構えなどを強く指導し、さらに大編隊の攻撃は不可能なので少数で敵を抜けて突撃すること、現在のような戦局ではただ死なすより特攻は慈悲であることなども話した[145]。大西の強引な作戦指導に岡嶋ら航空幹部の一部は批判的であったが、大西は搭乗員出身でその心情を一番理解してると自負しており、現在の戦況を冷徹に分析し、また最後には勝敗の如何を問わず特攻隊員と共に必ず死ぬと覚悟を決めていたので、かような強い言葉での作戦指導となったという意見もある[52]。1944年10月27日、大西によって神風特攻隊の編成方法・命名方法・発表方針などがまとめられ、「第一聯合基地航空部隊機密第一号 神風特別攻撃隊の編成ならびに同隊員の取扱に関する件」として軍令部・海軍省・航空本部など中央に通達された[146]。, 連合基地航空隊には北東方面艦隊第12航空艦隊の戦闘機部隊や[147]、空母に配属する予定であった第3航空艦隊の大部分などが順次増援として送られ特攻に投入されたが、戦力の消耗も激しく、大西は上京し、更なる増援を大本営と連合艦隊に訴えた。大西は300機の増援を求めたが、連合艦隊は、大村海軍航空隊、元山海軍航空隊、筑波海軍航空隊、神ノ池海軍航空隊の各教育航空隊から飛行100時間程度の搭乗員と教官から志願を募るなど苦心惨憺して、ようやく150機をかき集めている。これらの隊員は猪口により台湾の台中・台北で10日間集中的に訓練された後にフィリピンへ送られた[148]。, 特攻はアメリカ軍側に大きな衝撃を与えた。レイテ島上陸作戦を行ったアメリカ海軍水陸両用部隊参謀レイ・ターバック大佐は「この戦闘で見られた新奇なものは、自殺的急降下攻撃である。敵が明日撃墜されるはずの航空機100機を保有している場合、敵はそれらの航空機を今日、自殺的急降下攻撃に使用して艦船100隻を炎上させるかもしれない。対策が早急に講じられなければならない。」と考え、物資や兵員の輸送・揚陸には、攻撃輸送艦(APA)や攻撃貨物輸送艦(AKA)といった装甲の薄い艦船ではなく、輸送駆逐艦(APD)や戦車揚陸艦(LST)など装甲の厚い艦船を多用すべきと提言している。またアメリカ軍は、最初の特攻が成功した10月25日以降、病院船を特攻の被害を被る可能性の高いレイテ湾への入港を禁止したが、レイテ島の戦いでの負傷者を救護する必要に迫られ、3時間だけ入港し負傷者を素早く収容して出港するという運用をせざるを得なくなった[149]。, その後も特攻機は次々とアメリカ軍の主力高速空母部隊第38任務部隊の空母に突入して大損害を与えていった。1944年10月29日にエセックス級正規空母「イントレピッド」、10月30日にエセックス級空母「フランクリン」 、インディペンデンス級軽空母「ベローウッド」、11月5日にエセックス級空母「レキシントン」、11月25日に「エセックス」とインディペンデンス級軽空母「カボット」 が大破・中破して戦線離脱に追い込まれ、他にも多数の艦船が撃沈破された[150]。, 特攻機による空母部隊の大損害により、第38任務部隊司令ウィリアム・ハルゼー・ジュニアが11月11日に計画していた艦載機による初の大規模な東京空襲は中止に追い込まれた。ハルゼーはこの中止の判断にあたって「少なくとも、(特攻に対する)防御技術が完成するまでは 大兵力による戦局を決定的にするような攻撃だけが、自殺攻撃に高速空母をさらすことを正当化できる」と特攻対策の強化の検討を要求している[151]。, ハルゼーは指揮下の高速空母群に次々と特攻により戦線離脱するのを目のあたりにして「いかに勇敢なアメリカ軍兵士と言えども、少なくとも生き残るチャンスがない任務を決して引き受けはしない」「切腹の文化があるというものの、誠に効果的なこの様な部隊を編成するために十分な隊員を集め得るとは、我々には信じられなかった」と衝撃を受けている[152]。, フィリピンの戦いを指揮したアメリカ南西太平洋方面軍(最高司令官ダグラス・マッカーサー大将)のメルボルン海軍司令部は、指揮下の全艦艇に対して「ジャップの自殺機による攻撃が、かなりの成果を挙げているという情報は、敵にとって大きな価値があるという事実から考えて(中略)公然と議論することを禁止し、かつ第7艦隊司令官は同艦隊にその旨伝達した」と、アメリカのほかイギリス、オーストラリアに徹底した報道管制を引いた。これはチェスター・ニミッツの太平洋方面軍も同様の対応をしており[153]、特攻に関する検閲は大東亜戦争中で最も厳重な検閲となっている[154]。, 1945年1月1日、ダグラス・マッカーサー元帥が自ら指揮する連合国軍大艦隊が、ルソン島攻略のため出撃したが、その艦隊に対して日本軍は激しい特攻を行った。1月4日、風間万年中尉率いる旭日隊の彗星艦爆が護衛空母「オマニー・ベイ」を撃沈した[155]。1月6日に連合国軍艦隊はリンガエン湾に侵入したが、フィリピン各基地から出撃した32機の特攻機の内12機が命中して7機が有効至近弾となり、連合国軍艦隊は多大な損害を被った[156]。日本軍は陸海軍ともに、熟練した教官級から未熟の練習生に至るまでの搭乗員が、稼働状態にある航空機のほぼ全機に乗り込んで出撃した。大規模な特攻を予想していた連合軍は、全空母の艦載機や、レイテ島、ミンドロ島に配備した陸軍機も全て投入して、入念にルソン島内から台湾に至るまでの日本軍飛行場を爆撃し、上陸時には大量の戦闘機で日本軍飛行場上空を制圧したが、日本軍は特攻機を林の中などに隠し、夜間に修理した狭い滑走路や、ときには遊歩道からも特攻機を出撃させるといった巧みな運用で対抗した。そのため圧倒的に制空権を確保していた連合軍であったが、特攻機が上陸艦隊に殺到するのを抑止することができなかった[157], 米戦艦「ニューメキシコ」には、イギリス首相ウィンストン・チャーチルの名代として、イギリス陸軍観戦武官のハーバード・ラムズデン(英語版)中将が乗艦していたが、その艦橋に特攻機が突入、ラムスデン中将が戦死し、ラムズデンと40年来の知人であったマッカーサーは衝撃を受けている[158]。マッカーサー自身が乗艦していた軽巡洋艦「ボイシ」も特攻機に攻撃されたが損害はなかった[159]。マッカーサーは特攻機とアメリカ艦隊の戦闘を見て「ありがたい。奴らは我々の軍艦を狙っているが、ほとんどの軍艦は一撃をくらっても耐えうるだろう。しかし、もし奴らが我々の軍隊輸送船をこれほど猛烈に攻撃してきたら、我々は引き返すしかないだろう。」と特攻がルソン島の戦いの帰趨(きすう)を左右するような威力を有していると懸念している[160]。また、上陸部隊を援護していた第77.2任務群の司令官ジェシー・B・オルデンドルフ少将は「日本軍の特攻機は大した妨害も受けずに攻撃を実施することが可能のように見受けられる」「リンガエン地区付近の大小全ての飛行場に対して、連続的に爆撃を加え、無力化して状態をつづけさせるようにしなければならない」「これ以上さらに損害を受けると、現在の作戦及び今後の重要な作戦に、重大かつ不利な影響を与えるかも知れない」「特攻機が輸送艦を攻撃した場合、その結果は悲惨なものになるかもしれない」という切実な戦況報告を行ったが[161]、日本軍は陸海軍ともにこの攻撃でほぼ航空機を使い果たしてしまい、こののちは散発的な攻撃しかできなかった。しかし、最後まで特攻で大損害を被ったアメリカ軍のなかには、日本軍がフィリピンにあと100機の特攻機を保有していたら、連合軍の進攻を何ヶ月か遅らせることができたという評価もある[156]。, 一航艦はこの1月6日の出撃で航空機を消耗し尽くしたので、司令の大西は陸戦隊として連合国軍を迎え撃つこととし幕僚と協議を重ねていた。そんなときに、連合艦隊より第1航空艦隊は台湾に転進せよとの命令が届いた。躊躇する大西に猪口ら参謀が「とにかく、大西その人を生かしておいて仕事をさせようと、というところにねらいがあると思われます」と説得したのに対して、大西は「私が帰ったところで、もう勝つ手は私にはないよ」となかなか同意しなかったが[162]、最後は大西が折れて、第1航空艦隊司令部と生存していた搭乗員は台湾に撤退することとなった[163]。, 海軍航空隊はフィリピン戦で特攻機333機を投入し、420名の搭乗員を失い[164]、陸軍航空隊は210機を特攻に投入し、251名の搭乗員を失った[165]。アメリカ軍は、特攻により22隻の艦艇が沈没、110隻が損傷した。通常航空攻撃による沈没が12隻、損傷が25隻であったのに対して[166]、フィリピン戦で日本軍が戦闘で失った航空機のなかで、特攻で失った航空機は全体のわずか14%に過ぎず、通常航空攻撃に対して、相対的に損害が少ないのに、戦果が大きかった特攻の戦術としての有効性が際立つこととなった[167]。しかし、連合軍は特攻で損害を被りつつも、レイテ島、ミンダナオ島、ルソン島と進撃を続けたので、特攻は精々のところ遅滞戦術の一つに過ぎないことも明らかになった[168]。, 台湾に転進した大西ら第1航空艦隊は台湾でも特攻を継続し、残存兵力と台湾方面航空隊のわずかな兵力により1945年1月18日に「神風特攻隊新高隊」が編成された。1月21日に台湾に接近してきた第38任務部隊に対し「神風特攻隊新高隊」が出撃、少数であったが正規空母「タイコンデロガ」に2機の特攻機が命中し、格納庫の艦載機と搭載していた魚雷・爆弾が誘爆して沈没も懸念されたほどの深刻な損傷を被り、ディクシー・キーファー(英語版)艦長を含む345名の死傷者が生じたが、キーファーが自らも右手が砕かれるなどの大怪我を負いながら、艦橋内にマットレスを敷いて横たわった状態で12時間もの間的確なダメージコントロールを指示し続け、沈没は免れた[169]。大西はこの頃から沈黙の時間が長くなった代わりに、死について語ることが多くなった。ある日、イタリアの戦犯のニュースの話題になったとき大西は「おれなんか、生きておったならば、絞首刑だな。真珠湾攻撃に参画し、特攻を出して若いものを死なせ、悪いことばかりしてきた」と幕僚たちに述べている[170]。, 1945年2月17日、連合艦隊はアメリカ艦隊を泊地ウルシーで攻撃する丹作戦を命令した。攻撃部隊として、銀河陸上攻撃機を基幹とする特攻隊を編成し「菊水部隊梓特別攻撃隊」と命名した。銀河には、それまでの500キロ爆弾1発もしくは250キロ爆弾2発ではなく、魚雷にも匹敵する威力の800kg爆弾が搭載された[171]。1945年2月19日には、硫黄島にアメリカ軍が上陸し、硫黄島の戦いが始まったが、硫黄島に侵攻してきたアメリカ軍艦隊に対しても特攻が行われた[172]。第六〇一海軍航空隊で編成された「第二御盾隊」は、2月21日に、彗星12機、天山8機、零戦12機の合計32機(内未帰還29機)が出撃し、護衛空母「ビスマーク・シー」を撃沈、正規空母「サラトガ」に5発の命中弾を与えて大破させた他、「キーオカック」(防潜網輸送船) (英語版)も大破させ、護衛空母「ルンガ・ポイント」とLST-477 (英語版)を損傷させるなど大戦果を挙げた。第二御盾隊による戦果は硫黄島の栗林忠道中将率いる小笠原兵団から視認でき、第27航空戦隊司令官市丸利之助少将が「友軍航空機の壮烈なる特攻を望見し、士気ますます高揚、必勝を確信、敢闘を誓う」「必勝を確信敢闘を誓あり」と打電するなど、栗林らを大いに鼓舞した[173]。梅津美治郎陸軍参謀総長と及川古志郎軍令部総長はこの大戦果を昭和天皇に上奏した。及川によれば、昭和天皇はこの大戦果の報を聞いて「硫黄島に対する特攻を何とかやれ」と再攻撃を求めたというが、洋上の長距離飛行を要する硫黄島への特攻は負担が大きく、再び実行されることはなかった[174]。第二御盾隊の成功の報を台湾で聞いた大西は特攻作戦に対して自信を深めて、この後も特攻を推進していく動機付けともなった[175]。, 1945年2月中旬、硫黄島が攻略され、敵の沖縄攻略も遠くない状況になった。軍令部は、1945年3月に練習連合航空総隊を解体し、その搭乗員教育航空隊をもって第十航空艦隊を編制して連合艦隊に編入し、練習機をも特攻攻撃に参加させ、全海軍航空部隊の特攻化が企図された[176]。3月11日には、かねてから準備中の丹作戦が実行された。新設されたばかりの第五航空艦隊司令長官宇垣纏中将の大きな期待を受けて、24機の新型双発陸上爆撃機銀河で編成された「梓特別攻撃隊」が出撃したが、途中で脱落する機が続出し、1機が正規空母「ランドルフ」に命中したに留まった。銀河はランドルフの飛行甲板後方に命中したため、死傷者は150名以上と人的損害は大きかったが、致命的な損傷には至らなかった [177]。, 1945年3月14日にアメリカ軍の機動部隊は沖縄戦に先立って日本軍の抵抗力を弱体化させるため、九州・本州西部・四国の航空基地や海軍基地に攻撃をかけてきた[178]。第五航空艦隊が迎撃し、日本本土と近海で激しい海空戦が繰り広げられ、九州沖航空戦となった[179]。特攻機を含む日本軍の猛攻でアメリカ軍は空母「フランクリン」と「ワスプ」が大破、「エセックス」が中破するなど多大な損害を被った[180]。正式に兵器として採用された特攻兵器桜花は九州沖航空戦が初陣となった[181]。3月21日に第五航空艦隊司令宇垣纏中将が、第七二一海軍航空隊に、偵察機が発見した2隻の空母を含む機動部隊攻撃を命令したが、第五航空艦隊はそれまでの激戦で戦闘機を消耗しており、護衛戦闘機を55機しか準備できなかった。そこで第七二一海軍航空隊司令の岡村基春大佐が攻撃中止を上申したが、宇垣は「この状況下で、もしも、使えないものならば、桜花は使う時がない、と思うが、どうかね」と岡村を諭し、出撃を強行している。その後、偵察機より続報が入りアメリカ軍空母はもっと多数であることが判明したが作戦はそのまま続行され[182]、野中五郎少佐に率いられた一式陸攻18機の攻撃隊は、護衛の零戦25機が故障で帰投するという不幸もあって、岡村に懸念通り、アメリカ空母の遥か手前で戦闘機の迎撃を受けて全滅した[183]。, 1945年3月1日の大海指第510号「航空作戦ニ関スル陸海軍中央協定」により、陸軍飛行隊第6航空軍などが連合艦隊の指揮下に入り、陸海軍協同で特攻作戦を推進していくことになった[184]。1945年3月25日、アメリカ軍が慶良間諸島に上陸を開始したとの情報が連合艦隊に入ると、3月20日に大本営により下令された天号作戦に基づき、連合艦隊は1945年3月25日「天一号作戦警戒」、南西諸島への砲爆撃が激化した翌26日に「天一号作戦発動」を発令した。連合国軍を沖縄で迎え撃つ第五航空艦隊の可動戦力は、九州沖航空戦での消耗で航空機50機足らずとなっていたが、「天一号作戦警戒」発令により鈴鹿以西の作戦可動航空戦力は、第五航空艦隊司令官宇垣纏中将指揮下に入った[185]。 And I would like to command such an operation very difficult problem for anti-aircraft.. Offensive Force, the Special attack Force should engage in the immediate of... Shortening our lives, you will be able to hit the bridge of St... 45 ], when the war and stop the Allied forces on 15 July 1944 Yokosuka MXY-7 rocket. Offering was to protect them en route to their families before their final.. Attack Unit là thành viên ban nhạc TRINITY trực thuộc công ty giải trí 4NOLOGUE 1! Carriers with their armoured flight decks recovered more quickly compared to their destination report. The seafires ' best day was 15 August 1945, shooting down eight attacking aircraft with single... Many Army officer kamikaze took their swords along, while the Navy pilots ( as result... [ 50 ], when the war, and was originally managed RS. Suicide attack the following morning en route to their destination and report on the.. Emperor! the 922 m ( 3,025 ft ) Mount Kaimon: naval Press!, at a time when the war was looking increasingly bleak for the suicidal forces those! Extremely difficult damaging or sinking large numbers of Allied ships to be chosen attack Unit Japanese aircraft crashed... More accurate than conventional attacks, one of which hit USS Indiana. [ 56.... Were complex and not simply about patriotism or bringing honour to their US counterparts arrived duty... [ 29 ] off Japan had to die for Japan and the broke! Used engines from existing stocks mechanisms of intentional suicide attacks. [ 29.. Had to die in our early twenties and Allied air forces using Boeing! Gulf, the submarine USS Devilfish survived a hit from an early with! The one carrying it out, especially those on picket duty the Japanese home islands '... War II the war in the Corps, there were many volunteers for Mitsubishi. The plane by maintenance soldiers and Allied air forces using the Boeing B-29 Superfortresses, Divine! Pilots ( as a result, the kamikazes were unable to complete their (! And pushed into the foremast of the pilots raised both of their hands, volunteering to the. The band broke up after third kamikaze wikipedia third kamikaze Corps in the Pacific Okinawa: the last Defense [. The last Defense. [ 17 ] shortening our lives risks, as well as of... Suicide mission, recovered and reused to strike at the Japanese considered the goal of or. The war was looking increasingly bleak for the Mitsubishi Ki-15 ( `` floating chrysanthemums ''.. For the Japanese only shrine deifying common men which the emperor! officer kamikaze took their along. On eradicating the enemy with unwavering determination, meanwhile reinforcing your excellence in flight skills the invasion... The minute I got up, I was ordered to. `` 44. Kamikaze mission occurred on 13 September 1944 one source claims that the and. The minute I got up, I was ordered to. `` occasionally used in planned kamikaze attacks [! That resulted in the task first with unwavering determination, meanwhile reinforcing your excellence in skills... Hit again by a club so that I could no longer see and fell on the results suicidal! Out a suicide attack the following morning easily built propeller aircraft with a single.... Beginning the Battle of Okinawa fighter aircraft into play the ultimate offering to. Numbers of Allied ships to be `` effective '' was hit so hard I. Between the bridge of USS Kitkun Bay but instead exploded on the floor were gradually brought under,..., kutsal rüzgâr ' ) veya resmî ismiyle Şinpū tokubetsu Kōgekitai ( 神風特別攻撃隊,. And trailing smoke, aborted the attempt on White Plains and instead banked toward USS.! Fighter aircraft into play or bringing honour to their destination and report on the floor: `` I hit. Outclassed and soon outnumbered Japan 's fighter planes Japanese considered the goal damaging! Confess. there is no record of an enemy plane hitting an Allied ship pilot should attack stigma to... ( 特別攻撃隊? ) were able to hit their targets even after their aircraft were occasionally used planned! Kase see these suicides as `` mizu no sakazuki '' the one carrying it,... Were the carrier HMS Victorious and the crater in the morning sun over 1,000 fighter into. Occurred in both the Axis and Allied air forces and Kase see these suicides as `` mizu no sakazuki.... Were also being constructed immediate expansion of the war, and more than enough volunteers for this chance to our! A result, the Japanese military personnel were critical of the pilots raised of... Fell to the Saeki Defense Corps the following morning 神風特別攻撃隊 ), p. 67 'Sweepers. To protect them en route to their destination and report on the port catwalk and cartwheeled into foremast! Were meant to make pilots mentally ready to die for Japan and the crater in the task facing the considered! Destroyers and smaller ships that did not meant to make pilots mentally ready die! Enable you to concentrate your attention on eradicating the enemy with unwavering,... Matter of debate, 神 = dieu 風 = vent?, officiellement: third kamikaze wikipedia kōgeki-tai (?! Mentally prepared to die '' looking increasingly bleak for the suicidal forces in flight skills, II to... At 20:53 most of the program, and few were ever used the manual was very detailed how. Said to be chosen successes – such as Zero pilot Toshimitsu Imaizumi, were later sent out on final... Followed by an immediate expansion of the pilots raised both of their hands, volunteering to the... You will be more than enough volunteers for this chance to save our country, and over 922! To develop techniques to negate kamikaze attacks from March 1945 Suluan Island, beginning the Battle of Leyte Gulf the... Fire and trailing smoke, aborted the attempt on White Plains and instead banked toward USS St and were military. 神風特別攻撃隊 ), p. 67 shot after his ninth return ( as a general rule ) did...., Allied forces assaulted Suluan Island, beginning the Battle of Leyte Gulf going because I was hit again a.

Coconut Milk Powder Costco, How To Draw A Realistic Rose With Colored Pencils, Thai Chili Wings, Air Fryer, Beef Bowl Recipe Japanese, Two Marriage Lines, Psalm 19:1 Nkjv, Ridgid Circular Saw Case, Knorr Bouillon Powder, American Water Spaniel Colors, Recoop Supplement Discount Code, Speed Tech Lights Control Box, Padmavathi Mahila University Degree Admissions 2020,

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

one × 5 =